担当者に申し入れを行う(右手前から)小松あゆみ、坂尻まさゆき、島田拓、のむら説 各区議、やくし辰哉前区議、有馬豊区議=2020年12月15日、練馬区役所

2020年12月15日、日本共産党練馬区議団と とや英津子都議事務所は前川区長宛に対し、「コロナ禍から命、暮らし、営業を守るための年末年始の対応に関する緊急申し入れ」を行いました。

以下、申し入れ全文をご紹介します。

練馬区長 前川燿男 殿

コロナ禍から命、暮らし、営業を守るための年末年始の対応に関する緊急申し入れ

                           

2020年12月15日
日本共産党 とや英津子都議事務所
日本共産党 練馬区議団

 コロナ感染者が急増する中、「先行き」の見えない不安が広がり、年末年始にかけて倒産・廃業、解雇・雇止めがさらに増加することが懸念されます。

 すでに全国でコロナ危機により7万人が失職したと報道されていますが、コロナ危機は、とくに非正規労働者の方々や低所得の人たちにきびしい暮らしを強いています。
いま命と暮らしを守るために総力を挙げて緊急支援策に取り組むことが、自治体に求められています。年末年始にかけて、区民が路頭に迷うようなことは絶対にあってはなりません。

 よって、日本共産党練馬区議団は、以下について強く要望します。

1、年末年始については、福祉事務所等において特別な職員体制を取り、住まいのことをはじめ暮らしと労働に関わる市民の相談に対応すること。相談につながった方については、確実に支援につながるように対応すること。

2、都に対し、ビジネスホテルの借り上げを増やし、緊急一時宿泊支援をひろげること、年末年始の期間についてはその要件を抜本的に緩和し利用できるように求めること。

3、中小・小規模事業者に対し、資金援助として「年越し給付金」を創設し、給付を行うことを都に求めること。

4、年末年始においても十分な検査・保護・追跡の対策が取れるように、保健所の体制を強化すること。

以上